ばーすりぃ  サラリーマンがデイトレードでコツコツ稼ぐブログ

デイトレードサラリーマン.com。兼業投資家。現物ショートデイトレ専門。サラリーマンが朝に仕掛けて、後は放置。株の自動売買でコツコツ稼ぎます。毎日の取引予定銘柄と、収支の結果を報告。

6/12のデイトレードサラリーマンの収支  +403円 取引銘柄:コーセーアールイー(3246)・エヌ・デーソフトウェア(3794) 

こんばんは。
デイトレードサラリーマンのジョルノです。
今日の成果は

コーセーアールイー(3246) 取り下げ
エヌ・デーソフトウェア(3794) 買1,236 → 売1,242 +403円






【総括】


コーセーアールイー(3246)


前日終値1,081。前場で値が付かず、取り下げ。
15時まで値が付かず、1,381のストップ高。年高更新。

【決算速報】コーセーRE<3246>---18年1月期1Qは増収・増益、経常利益は397.9%増
>コーセーアールイー<3246>が08日の15:30に発表した2018年1月期の第1四半期決算は、売上高が前年同期比188%増の63億1800万円、経常利益が前年同期比397.9%増の11億8900万円となった。

コーセーREが連日ストップ高カイ、第1四半期の好決算を引き続き材料視
>コーセーアールイー <3246> [東証2]が連日ストップ高に買われ、上場来高値を更新している。
>同社は8日に決算を発表。
>18年1月期第1四半期(2-4月)の連結経常利益が前年同期比5.0倍の11.8億円に急拡大して着地したことが材料視された。
>ファミリーマンション、資産運用型マンションともに引き渡し件数が大きく増加し、前期比2.9倍の大幅増収を達成した。
>第1四半期実績だけで通期計画の8.9億円に対する進捗率が87.9%に達しており、業績上振れを期待する買いが続いている。

好決算を発表したコーセーアールイーが2連騰です。
第一四半期だけで進捗率がおよそ9割。
第2Qで通期計画を達成するのは、ほぼ確定でしょう。それだけのインパクト決算でした。




スポンサーリンク



エヌ・デーソフトウェア(3794)

3794.jpg
前日終値1,146→始値1,236→高値1,249。ここで利確。
その後安値1,117→終値1,167(前日比+21)

前日に動いた銘柄 part2
>NDソフト<3794> 1146 +150
>「輝く地方企業」との紹介記事が材料視される。

話題株先取り【特別気配】速報
>■ 特別買い気配 注文金額上位25銘柄[500万円以上]   ※単位 株数:1株、金額:万円
>           気配値 前日比 (比率)   売り株数 (金額)   買い株数 (金額)
>NDソフト <3794>    1,206   +60 ( +5.2%)   41,100 ( 4,956)   47,900 ( 5,776)

前日のストップ高銘柄。
今日も特別買い気配まではいきましたが、終値は前日比+21と落ち着いた結果に。
ただ、値が付いてから+13円騰がったのでそこで利確は出来ました。
正直、もうちょっと騰がると思っていたので冷や汗もの。この辺の見極めが難しく、正直運も絡みますね。


アンジェスMG(4563)


前日終値423→15時まで値が付かず、503のストップ高。年高更新。

話題株ピックアップ【夕刊】(1)
>■アンジェス MG <4563>  503円  +80 円 (+18.9%) ストップ高   本日終値
 アンジェス MG<4563>がストップ高。
>大阪大学発祥の創薬ベンチャーとして遺伝子医薬品の開発を進めているが、ここにきて思惑高の動きを強めている。
>10日付の日本経済新聞は、「(同社は)特別な機能を持つ遺伝子を使い血管の病気を治す遺伝子治療について、今年10月をめどに厚生労働省に製造販売の承認を申請する。
>承認されれば国内初の遺伝子治療薬となる」と伝えており、これを材料視する買いが株価を押し上げる格好となった。」」

アンジェスMがストップ高カイ気配、差し引き1530万株超の買い物
>創薬ベンチャーのアンジェス MG <4563> が、前週末比80円ストップ高の503円カイ気配となっている。
>午後2時12分時点では、差し引き1530万株超の買い物。
>10日付の日本経済新聞は、同社が遺伝子治療薬について10月をメドに製造販売の申請を行うと報道、材料視された。
>同紙によると製造販売の申請を行うのは遺伝子治療薬の「ベペルミノゲン」で、血管が詰まり足が壊死(えし)する重症虚血肢に対する薬として申請する。
>承認されれば、国内初の遺伝子治療薬となる見込み。
>同剤を患者の足に同剤を注射すると、血管を新たに作り血行を促進する作用があるという。虚血肢の患者は国内に10-20万人おり、その1割程度が投与対象となる見込みとしている。

アンジェスMG、遺伝子治療薬申請へ 承認なら国内初
>創薬ベンチャーのアンジェスMGは、特別な機能を持つ遺伝子を使い血管の病気を治す遺伝子治療薬について、今年10月をめどに厚生労働省に製造販売の承認を申請する。
>承認されれば国内初の遺伝子治療薬となる。遺伝子治療薬は次世代医療の柱と期待されており、政府が日本での早期開発を支援している。
>アンジェスは2018年にも発売を目指す。

大阪大医学部、森下竜一教授創業の創薬ベンチャーであるアンジェス MGがストップ高です。
遺伝子治療薬を開発している企業で、虚血肢に対する遺伝子治療薬の製造販売の承認申請を出す事を好材料と見られています。
今日で年高更新ですが、承認されれば国内初の遺伝子治療薬となるインパクトも大きい。
明日も要チェックですね。



【集計】


日計 +403円
月計 -392円





スポンサーリンク



3246 3794

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
注目銘柄 投資ギャンブル ブログサイトランキング 株式投資 株式投資 - みんなのお金儲けアンテナ[ブログランキング] TAG index 株×ブログ!銘柄NAVI

Comment

Add your comment