ばーすりぃ  サラリーマンがデイトレードでコツコツ稼ぐブログ

デイトレードサラリーマン.com。兼業投資家。現物ショートデイトレ専門。サラリーマンが朝に仕掛けて、後は放置。株の自動売買でコツコツ稼ぎます。毎日の取引予定銘柄と、収支の結果を報告。

6/21のデイトレードサラリーマンの収支  +403円 取引銘柄:ネクストウェア(4814)・ベクター(2656) 

こんばんは。
デイトレードサラリーマンのジョルノです。
今日の成果は

ネクストウェア(4814) 買459 → 売465
ベクター(2656) 取り下げ



【総括】


ネクストウェア(4814)

4814.jpg
前日終値475→始値459→487まで騰がったので利確。
その後安値428→高値550→終値486(前日比+11)

ネクスウェアは4日続伸、東証が21日から日々公表銘柄に指定
>ネクスウェア <4814> は4日続伸。
>東証が20日、ネクスウェア株を21日から信用取引の日々公表銘柄に指定すると発表した。
>信用取引の規制強化に伴って、売買の自由度が制限されるとの見方があるなかで、きょうは買いが優勢となっている。

【FISCOソーシャルレポーター】個人投資家株番長:株番長注目のブロックチェーン関連銘柄
>ブロックチェーンは、IoT、仮想通貨に必要不可欠の技術であり、今後世界中で必ずと言っていいほど必要になってくる技術だろう。
>需要が増えるとともに、それに参入する企業もどんどん増えるであろうことからも、早めのリサーチやおさらいをしっかりとやっておいてほしい。
><4814>ネクストウェア
>同社は、システムアウトソーシングや「ウェアコンサル」が主力の企業だ。
>自治体向け支援システムなども手掛けており、最近になってデジタル地図サービスにも参入してきた。
>16日にシビラと、ブロックチェーン技術開発の業務提携を発表した。
>これが好材料視され買いが入っているようだ。

昨日の注目銘柄。
高値550、安値428と激しい値動きとなりましたが始値459→487までは一気にいったので利確出来ました。
2連騰後も、ストップ高まであと5円まで迫る勢いは流石です。
終値は前日比+11なので、ひとまずこの辺で落ち着きそうですね。





スポンサーリンク



ベクター(2656)


前日終値684→9:43に値が付くも、784のストップ高。
前場で買えずに、取り下げ。
ストップ高を維持したまま、終値も784。

【ゲーム株概況(6/21)】
>6月21日の東京株式市場では、日経平均株価は4日ぶりに反落し、前日比91.62円安の2万138.79円で取引を終えた。
>前日の米国市場安や為替が1ドル=111円台前半まで円高方向に振れたことを嫌気し、朝方から売りが先行した。
>ベクターは、前日6月20日に中国の百奥家庭互動有限公司(BAIOO)が開発したスマートフォンゲーム『造物法則』の日本における独占ライセンスを獲得したと発表したことが材料視された。

ベクターに大量買い、中国スマホゲームの国内ライセンス獲得と信用規制解除を好感
>ベクター <2656> が寄り付きに大量の買い注文を集めカイ気配で始まった。
>同社は個人向けソフトウエア販売やオンラインゲームを手掛けている。
>業績は低迷しているがソフトバンクグループに属し、経営再建を図っている。
>20日に中国BAIOO社が開発したスマートフォン向けゲーム「造物法則」の国内独占ライセンスを獲得したことを発表、これが材料視された。
>同ゲームは中国で若者を中心に熱狂的な支持を集めており、業績への貢献が期待される。
>また、21日は同社株の信用取引の臨時措置(委託保証金率50%以上、うち現金20%以上)解除日にあたり、株式需給面でも追い風が強い。

昨日の注目銘柄。
中国のスマホゲー「造物法則」を「アビストライブ」としてサービス開始するベクターがストップ高です。
今日から信用規制解除となったことも、買い注文に繋がったようです。




トランスジェニック(2342)


前日終値697→15時まで値が付かず、797のストップ高。

トランスGがストップ高、アルツハイマー病モデルマウスに関するライセンス契約締結を材料視
>トランスジェニック <2342> が反発、前日比100円ストップ高配分の797円まで買われた。
>20日引け後、大阪市立大学が開発したアルツハイマー病モデルマウスについてライセンス契約を締結したと発表し材料視された。
>同契約により、同社は全世界においてアルツハイマー病モデルマウスの生産および販売サービスの提供を開始する。

トランスGがストップ高買い気配、アルツハイマー病モデルマウスでライセンス契約を締結
>APPマウスは家族性アルツハイマー病患者から見出したアミロイドβ前駆体タンパク質(APP)の遺伝子変異をもつ、アミロイドβを導入したトランスジェニックマウス。
>体内でアミロイドβ(Aβ)オリゴマーが形成され、アルツハイマーに特徴的な加齢に伴った認知機能障害、シナプス欠損、ニューロン消失、TAU(中枢神経系に多量に存在し、脳内の神経軸索輸送に重要な働きを担う)の異常リン酸化などが認められる。
>さらに、APPマウスにヒト野生型TAUトランスジェニックマウスを交配すると、ヒトアルツハイマー病に特徴的な神経原線維変化も見られるようになり、症状の発症も早くなることが示されている。
>Aβオリゴマーによるアルツハイマー発症の病態と、それをターゲットとする治療法の研究、創薬研究への貢献が期待されるという。

創薬用マウス作製技術に定評のあるトランスジェニックがストップ高です。
アルツハイマー病モデルマウスのライセンス契約締結、それに伴う生産および販売サービスの提供が好材料となりました。
明日も要チェックですね。


【集計】


日計 +403円
月計 +2,224円




スポンサーリンク



4814 2656

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
注目銘柄 投資ギャンブル ブログサイトランキング 株式投資 株式投資 - みんなのお金儲けアンテナ[ブログランキング] TAG index 株×ブログ!銘柄NAVI

Comment

Add your comment