ばーすりぃ  サラリーマンがデイトレードでコツコツ稼ぐブログ

デイトレードサラリーマン.com。兼業投資家。現物ショートデイトレ専門。サラリーマンが朝に仕掛けて、後は放置。株の自動売買でコツコツ稼ぎます。毎日の取引予定銘柄と、収支の結果を報告。

7/25のデイトレードサラリーマンの収支  +403円 取引銘柄:ブライトパス・バイオ(4594) 

こんばんは。
デイトレードサラリーマンのジョルノです。
今日の成果は

ブライトパス・バイオ(4594) 買580 → 売586 +403円




【総括】


ブライトパス・バイオ(4594)

459401.png
前日終値525→始値580→高値594。ここで利確。
安値543→終値544(前日比+19)

ブライトパス・バイオ---iPS細胞由来の若返り抗原特異的T細胞に関する基本特許が国内で成立
>ブライトパス・バイオ<4594>は24日、東京大学医科学研究所の中内啓光教授等の研究成果から生まれた、「抗原特異的T細胞の製造方法」が、日本国内において7月19 日付で特許登録になったことを東京大学と共同で発表した。
>本特許権者は東京大学。実施権者は、同社連結子会社のアドバンスト・イミュノセラピー。
>本特許は、特定の抗原だけを攻撃するヒトT細胞(病原体やがんに対する獲得免疫の中心的な役割を果たす細胞)から、iPS 細胞を経て、再分化させて細胞を作り出し、元のヒトT細胞と同じTCR(抗原を認識して結合する分子)遺伝子の再構成パターンを有するT細胞の出現頻度を高くすることが技術的特徴。
>近年がん免役細胞療法の一つとして、がん患者自身の血液中のT細胞を加工・培養して投与するT細胞療法の研究開発が進んでいるが、患者の血液から採取した時点、また体外で処理している時点でT細胞が疲弊して機能性が落ちるという問題を抱えていた。
>この問題に対し、本特許の発明により、一度iPS化を経ることで抗原特異性(多種多様な病原体に対して個別に対応できる能力)を保持したまま「若返った」T細胞の量産が可能となり、より治療効果の高いT細胞療法の創生や、新たながん免疫細胞療法のための製造技術の確立が期待される。
>同社は、手術、放射線療法、化学療法に次ぐ、がんの「第4の治療法」としてがん治療の革新をもたらしつつある「がん免疫療法」の開発を行う創薬ベンチャーである。
>国内と米国で臨床試験を実施中のがんペプチドワクチンをもつほか、抗原特異的T細胞を iPS 化し再生させる新たなT細胞療法、また世界的に新規性の高いアプローチであるネオアンチゲン(腫瘍特異的遺伝子変異抗原)に関わる新薬を開発。
>2017年7月1日に、「株式会社グリーンペプタイド」から「ブライトパス・バイオ株式会社」に社名を変更している。

昨日の注目銘柄。寄り天気味な値動きでしたが、始値がそこまで騰がらなかったのが幸いして利確出来ました。
見覚えのない会社名だと思ったら、社名変更したばっかりなんですね。
手術、放射線療法、化学療法に次ぐ、がんの「第4の治療法」として取り組んでいる特許が成立した事を受けて値上がりしましたが、終値は前日比+19なので今後は小幅な値動きになりそうです。






スポンサーリンク



富士通コンポーネント(6719)

6719.png
前日終値427→始値435→高値436→安値414→終値416(前日比-11)

富士通コンが9月中間期業績予想を上方修正、第1四半期好調を考慮
>富士通コンポーネント <6719> がこの日の取引終了後、第2四半期累計(4~9月)連結業績予想について、売上高を234億円から244億円(前年同期比3.6%増)へ、営業利益を5000万円から3億円(同36.8%増)へ、最終損益を1億5000万円の赤字から1億円の黒字(前年同期4億4100万円の赤字)へ上方修正した。
>第1四半期の業績が計画を上回ったことや、直近の業績を踏まえたという。
>同時に発表した第1四半期(4~6月)決算は、売上高121億7900万円(前年同期比5.4%増)、営業利益2億8400万円(同6.2倍)、最終損益1億2300万円の黒字(前年同期5億4600万円の赤字)だった。
>車載用コントロールユニットは落ち込んだものの、主力のリレーやコネクタ、車載向けのタッチパネルや無線モジュールが伸長したことで増収を確保した。
>また、リレーやタッチパネルなどの増産効果に加えて、円安も追い風となり、大幅営業増益となった。

リレー、タッチパネル軸にサーマルプリンタや無線モジュール展開する富士通コンポーネントに注目です。
第1Qが好調だった事を受けて、9月中間期業績予想を上方修正。
大幅営業増益となったことで、好材料になるのではないかと思います。
明日は要チェックですね。




シンワアートオークション(2437)

2437.png
前日終値638→始値668→安値646→738のストップ高。年高更新。

シンワアート---会社分割による持株会社体制への移行準備開始と商号変更を発表
>シンワアートオークション<2437>は21日、持株会社体制への移行に関する準備を開始することを発表。
>同社は、顧客の多様なニーズに応えつつ、経営面においては外的要因の影響を比較的受けにくい新規事業により将来にわたる収益の源泉を確保し、中期的な財務上の課題の具体的解決を図ることを目的として、これまでにエネルギー関連事業、医療機関向け支援事業、保険事業等、さまざまな事業領域への拡大をしてきた。
>企業グループとして、今後さらなる成長と企業価値の最大化を実現するためには、グループの成長戦略の立案機能と実現機能を分化し、グループ経営の意思決定の迅速化を図るとともに、グループ各社が事業環境の変化に柔軟に対応できる体制を構築することが望ましいと考え、持株会社体制へ移行するための準備を開始することを決定したとしている。

シンワアート---ストップ高、ネイチャー国際資産税と海外不動産販売の紹介事業で提携
>前場からストップ高水準での買い気配が続く。
>さらに、後場には同社及び子会社のエーペックが税理士法人ネイチャー国際資産税と海外不動産販売の紹介事業に関する業務提携を締結したと発表しており、これも材料視されているようだ。
>ネイチャー国際資産税は海外不動産に精通し、国内外で数多くの税務コンサルティングを手掛けている実績があるという。>同社はこれまで構築してきた富裕層ネットワークをさらに強化し、事業拡大に取り組む。

高額美術品の公開オークションの企画・運営の最大手であるシンワアートオークションに注目です。
会社分割と商号変更で高騰した昨日に続き、税理士法人ネイチャー国際資産税との業務提携を発表。
2連騰となりました。明日も要チェックです。



【集計】


日計 +403円
月計 +2,111円




スポンサーリンク



4594

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
注目銘柄 投資ギャンブル ブログサイトランキング 株式投資 株式投資 - みんなのお金儲けアンテナ[ブログランキング] TAG index 株×ブログ!銘柄NAVI

Comment

Add your comment